【マンガワン】ケンガンオメガ24話【感想ネタバレあり】

スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

今回は「マンガワン」連載の「ケンガンオメガ」の感想になります。

前回、無門が突然殺されるという衝撃的なラストで終わりました、さて犯人は一体!?

今回の事件を受けて拳願会会長である乃木会長は役員会の開催を決めました。

煉獄の闘士が拳願試合をした上に、煉獄の会長が会場にやってきただけでも大事なのに、更にその参戦した闘士が殺されたとあっては勘ぐりますよね。

拳願会と煉獄の対抗戦を役員に公表して正式に協力を仰ぐことにしたらしいです。

そんな折に、山下社長の元に1本の電話が…

その相手は煉獄会長の豊田出光!

まさかの相手からの電話!今回の事件の犯人候補の筆頭では…!

ところが、山下社長は豊田会長は犯人ではないと考えているらしい!

というのも、対抗戦もあるし、拳願試合に現れた直後にこんな事件があれば真っ先に怪しまれるのは分かっていたはずだからという理由、たしかに言われてみれば…

そんな山下社長に豊田会長はヒントとして「目」を提示します。

というのも、無門は「七星蛇形拳」の使い手として煉獄で活躍をしていた闘士なのだが、拳願試合で無門が使っていたのは「崑崙派蛇形拳」だったのだと言う。

そう、豊田会長は目を見たときに無門が煉獄闘士の無門とは別人だと見抜いていたのだ!

じゃあ、本物の無門は…?

豊田会長は山下社長には言わなかったものの、本物の無門の死体をすでに発見していました。

そうだとすると、残る疑問は拳願試合で戦い、そして殺された無門は何者なのか…?

そして、殺した人物は誰なのか?

一方、乃木会長が召集した役員会。そこにはかつて絶命トーナメントに参加していた懐かしい面々が…

というか、義武社長も役員になってるんだね笑

役員会の内容は、事件のことの共有もそこそこに対抗戦のメンバー選びに焦点が集まりました。

この面子が集める闘士といえば、関林、大久保にムテバ、金田、因幡、千葉…

千葉と因幡、あとは金田はないかな…戦力的に…

あとは、桐生はどうなってるか気になりますね、絶対にまともではないですが…

理人や雷庵なんかも何してるのか気になります!

そんな中、偽無門殺害の捜査をしている警視庁で監視カメラの映像に注目する人物が…

このシルエットは…!

阿古谷清秋!!

絶命トーナメントでは、春男相手に圧倒的な力を発揮した実力者!まさか事件に対して警察として関わってくるとは予想してなかったです!

そんな阿古谷が監視カメラで発見したのは、現場近くにいた臥王の姿…

果たしてこの2人の接触はあるのか!?

そして、2人は戦うのか?阿古谷はコスモに負けましたが、めちゃ強いイメージしかないので楽しみです!

そんな臥王は光我と2人で買い物中。

しかし、臥王のセンスがヤバすぎ…

コメント

  1. […] 【マンガワン】ケンガンオメガ24話【感想ネタバレあり】 […]

タイトルとURLをコピーしました