【Helck】魔王候補に名乗り出るのは勇者!?少し変わったファンタジー作品【おすすめ漫画】

紹介
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

皆さんはどんなお話が好きですか?

王道のストーリーであるRPG!そこから少し外れたお話。

読後感が最高で、導入から後半に向けて笑えて泣けて、予想外の展開に驚ける作品を今回は紹介していきます!

「マンガワン」連載の「Helck」を評価していきます。
※個人の評価なので深く考えず、読みたい作品の参考にしてみてください。

評価

あらすじ

ある日、ついに魔王城において勇者によって魔王トールが倒されました。

喜びに沸く人々!魔物に怯え暮らす日々の終わりを人々は祝福します!

そして、数ヶ月がたち…

魔界は次期魔王を決める大会が開かれていました!!

優秀な人材が集まり、前魔王を超える実力を持つ魔王の誕生が期待される大会にやってきたのは魔王の上位存在である四天王ヴァミリオ

そこでヴァミリオが見たものは魔王になるために、大会に参加する人間の勇者、ヘルク!

当然、魔王を目指す大会に勇者が参加することを問題視するヴァミリオですが、のんきな魔物たちはあっさりとヘルクを受け入れてしまっている様子…

勇者であるヘルクは当然、実力も他を圧倒するもので順調に勝ち上がるが、ここからヴァミリオの壮絶な(?)妨害が始まります!

はたしてヘルクは魔王になることができるのか!?ヴァミリオは人間の勇者が魔王になることを阻止できるのか!?

そして、ヘルクが魔王を目指す理由が分かった時、新たな冒険の扉が開く…

魅力ポイント

ヘルクとヴァミリアを取り巻く謎【世界観】

勇者と魔物が共存する世界というのは今でこそ見慣れた設定ですが、そこに色々なアレンジが加わって魅力的な世界観を構成しています。

なんで人間が魔物の世界に攻め込んでくるのか?

逆に魔物が人間の世界に攻め込むことはないのか?

そういったことにも説明があり、その上で問題に挑んでいくので世界観に説得力があります。

ギャグ調でスタートしますが、人間の醜さやダークな雰囲気漂う展開もあるのでその両方に説得力がある世界観のバランスは読んでいくとどんどんと引き込まれていきます!

最初お気楽に読めるのですが、後々この世界に秘められた真実が明らかになる瞬間を楽しみに読んでみてください。

笑えて泣けて驚ける、深い世界観を味わえるはずです。

1話の感想はこちら。

序盤から貼られる伏線…【構成力】

序盤にギャグ調で進むので設定に深く考えずに読んでしまいますが、所々に後に大きな意味を持ってくる要素が散りばめられています。

何気ない発言も後にそのキャラクターの背景がわかってくると大きな意味を持ち始めたりも…?

最初は気付かない点も多いので繰り返し読み返すとより面白く感じられるのが大きな魅力です。

ヘルクとヴァミリオは人間と魔物という間柄から序盤にはピリピリした敵対心があります。

まぁ、一方的ですが笑

それが徐々に変化していくので、二人の関係性も注目ポイントです。

本来、敵同士である2人ですが、様々な出来事を通して徐々に信頼を築いていく姿。

そして、本当の意味での相棒と呼べるような関係に変化していくまでの心の変化が細かく描かれています。

最後の選択に至るまでのヴァミリアの心境の変化は必見です!

ここまで丁寧に描かれるコンビなので、最終回では2人共大好きなキャラになること間違いなし!

ヘルクの過去から始まる大きな事件、涙も笑いもバランスよく【ストーリー】

後半に向かうごとに盛り上がりがすさまじく、人間の魔界への侵攻ラスボスとの対決などどんどんと楽しくなっていきます。

個人的にはヘルクの過去が明らかになる辺りが大好きな話です。

人間の醜さをしっかりと描きながら、どんな最期を迎えるのか過去編だけでも涙なしでは見られません!!

今のヘルクを形作る物語だけに、ストーリー全体を通しても大きなインパクトを残してくれます。

人間関係の変化も面白いポイントで代表的なものはやっぱりヴァミリオとヘルクの関係性ですね。

男女でありながら、恋愛は一切挟む余地のない相棒という関係性を一貫しているのが漫画では珍しいでしょう。

その相棒になるまでの過程も丁寧に描かれているので、読者も2人を見守ってきたようなそんな錯覚をしちゃいます。

それだけにお互いの信頼感の説得力がこれでもか!と感じさせてくれます。

2人がどんなラストを迎えるのか、別れの場面は最高の場面に仕上がっています!

長い話を通して培われた2人の関係性の終着としてこれ以上ない最高のエンディングを是非見てみてください!!

総評

私がマンガワンで最初にハマったのが「ケンガンアシュラ」「銀狼ブラッドボーン」とこの作品だったので、最終回の感動は本当に筆舌に尽くしがたいものがあります。

最終回まで失速することなく、ダレることもなかったことも高い評価をしたいです!

…点数低めですが、本当はキャラクターも魅力的なのです。

ヴァミリオ、ヘルクはもちろんシュラとエディル、アズドラなど魅力的なキャラクターは多いです!

読み終わったときに好きなキャラはいっぱいできているはず!

ただ、もっと主役2人以外のキャラクターたちにもスポットが当たっても良かったかなと…

今ならマンガワンのアプリで最後まで読めるので、機会があれば是非目を通してみてください!!

紹介
スポンサーリンク
無料の漫画道

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました