【こじらせ百鬼ドマイナー】可愛いこじらせ妖怪達のほのぼの世界観が魅了【おすすめ漫画】

紹介
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

皆さんは妖怪はお好きですか?

有名な妖怪漫画といえば「墓場鬼太郎」「地獄先生ぬ~べ~」「うしおととら」「ぬらりひょんの孫」等思い浮かぶ作品は人それぞれかと思います。

子ども心にトラウマを残すような妖怪「赤いちゃんちゃんこ」や「衾」なんかが大きなインパクトを残しているので、印象に残っている人もいるのではないでしょうか?

今回紹介する漫画は妖怪は妖怪でも皆さんが知っているような有名な妖怪ではなく、多くの人が知らない妖怪たちが登場します!

ただ、他の作品のようなトラウマを残すような妖怪たちではなく、可愛らしくて必死に妖怪として生きているキャラクター達ばかり。

今回は「ジャンプ+」で不定期連載されている「こじらせ百鬼ドマイナー」の紹介になります。

こじらせ百鬼ドマイナーの評価

こじらせ百鬼ドマイナーのあらすじ

手違いで四国にある魍魎分校死国校に転校してしまった東京からの転校生、渡海隼人

妖怪が通うはずの学校に入り込んでしまった人間1人…。

人間に害をなすイメージのある妖怪と同じ学校ということにビビる渡海ですが、お気楽な校長の許可で入学が決定してしまいました!

不安な渡海のために案内役として現れたのは、人間の見た目をした妖怪飴宮初夏

丁寧に学校の説明をしてくれる飴宮さんですが、自身が何の妖怪なのかは頑なに教えてくれません。

それどころか好きな食べ物も秘密にするような超秘密主義だったのです!

しかし、表情や言動がガバガバで色々と情報がだだ漏れに!

どうやら彼女は「男の人の身体を舐めまわす」嘗女という妖怪だというのです。

昔、その秘密を打ち明けたときに周りの人間に否定されてしまったことから秘密主義をこじらせてしまったようなのです…。

そんな飴宮さんの秘密に寄り添うことで渡海は徐々に信頼されるように…。

しかし、この学校にはまだまだマイナー妖怪であることをこじらせた悲しい妖怪達がまだまだ存在したのです。

髪の毛が光るだけの妖怪ながら将来アイドルを目指す赤頭の紅坂光子

正体を知られたことで絶縁された逸話から人との関わりを絶つようになってしまった濡女子の瀬々良木碧

その他にも四国の有名妖怪である相模くんや変態趣味の首野くん、人間が好物の牛山くん…。

一癖も二癖もある妖怪達との学校生活が幕を開けるのでした。

こじらせ百鬼ドマイナーの魅了ポイント

独特の妖怪が織りなす世界観

聞いたことのない妖怪達がどんどんと出てきますが、それぞれが妖怪と思えない害のなさ!

ほのぼのした世界観を構成してくれています。

しかも、それぞれのキャラクターの掘り下げを行う回が用意されているので、世界観にのめり込み易いのも優しいですね。

死国校を中心に構成される物語ながらも、全国にそれぞれ分校があることも明示されているので、今後は新たな学校や妖怪との交流の可能性も?

更に学年も上がっていくので、今後は後輩妖怪達の登場も控えていると考えると世界観の広がりはまだまだあり得ます!

それぞれ可愛いヒロイン達

真面目で多くのことを秘密にしながらも、情報だだ漏れの飴宮さん。

途中からは渡海への自覚のない恋心も芽生えだして可愛らしさは倍増!

困ると舌が出てくる姿も普段の姿とのギャップがあっていいです!

赤頭の光子は頭と同じくとにかく明るい性格!

しかも、周りへの気遣いがしっかりとしているので、不快感のない明るさなのもポイント高いです!

アイドル目指しているのに写真などに照れちゃう弱点なども魅了の1つでしょうね。

瀬々良木さんは消極的な控え目女子が行き過ぎた女の子。

何をするにも大袈裟なくらいに気遣いをし過ぎたり、気合いが入りすぎた所作が面白いです。

弱気キャラが好きな人にはハマるキャラクターになっていると思います。

総評

マイナーをこじらせた可愛らしいキャラクターと面白いおふざけキャラクター達が織りなす魅力的な世界観はハマること間違いなしです!

不快感の強いキャラがあまりいないので、読後感がいいのもこの作品のいいところ。

それぞれのキャラクターへの掘り下げも丁寧に行われているので、それだけでどんどんとキャラクターが好きになってきます。

不定期連載で進みが遅いのが欠点ですが、今後まだまだ話の広がりを残しているのが楽しみ要素が大きな理由!

飴宮さんの恋の行方は?

渡海以外の人間や父親の登場が今後あるのか?

ほのぼのした世界観が好きな人には是非読んでもらいたい作品です!

読みたい方はジャンプ+か、下記のサイトでもレンタルできるので是非読んでみてください!

紹介
スポンサーリンク
無料の漫画道

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました