【かぐや様は告らせたい】告白したら負け?恋愛の駆け引きをこれでもかと満喫!【おすすめ漫画】

紹介
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

恋愛では、告白した人が立場が上になる!これは世の常かもしれません。

付き合ってください、と頼んだ側は受け入れた側の多少の我が儘は許してしまうことでしょう。

まぁ、それでも好きな人と付き合えるのは、そんなことが気にならないくらい幸せなことでしょう。

だから、現実ではそこまで気にする人はいないはず。

それなのに!相手に告白させることに全力を尽くす主人公達の頭脳が光る、そんな変わった恋愛物語…。

今回は「かぐや様は告らせたい」を紹介していきます。

かぐや様は告らせたいの評価

かぐや様は告らせたいのあらすじ

日本を動かす大富豪や権力者の子ども達が通う秀知院学園

そんな学生達の頂点に君臨する生徒会がこのお話の舞台となります。

学力一本で一般家庭から入学を果たした秀才であり学力テスト1位、生徒会長白銀御行

秀知院学園でも格別の家柄を誇り、勉学運動なんにでも人並みはずれた才能を発揮する天才、副会長四宮かぐや

お互いに憎からず思いながらも、相手が告白してくれば付き合ってあげてもいい、という態度を貫く2人。

そんな2人が共に生徒会を務めて早半年…。

お互いにアプローチをしないまま過ぎた半年に、何かが起きるはずはなく…。

天才的な頭脳を持つ白銀とかぐやは共に相手を告らせるために今日も戦術を巡らせるのでした。

生徒会にはその他にも個性的なメンバーばかり。

かぐやの親友であり、天真爛漫ながらトラブルメーカー、2人の戦術をことごとく破壊してしまう問題児、書記の藤原千花

そんな千花は白銀の隠された秘密を知ることで、とある問題に悩まされたり…。

見るからにオタクで、同学年の女子にある理由で嫌われているものの、生徒会の中では常識人の会計石上優

そんな石上は作者からも裏主人公と呼ばれ、体育祭編では女子達から嫌われるとある秘密が明らかに…。

…そんな生徒会でお互いに告らせたいかぐやと白銀が結ばれる日はやってくるのか?

笑いあり、涙ありの異色の恋愛物語はどんなゴールを迎えるのか。

興味のある方は下記のサイトからお試し読みができます。

レンタルなのでお安く読めるのでオススメです!

また、本作はアニメ化も実写化を果たしています!

アニメのできはかなり良いもので、一見の価値あり!

また、実写化でかぐやを演じるのは橋本環奈さん。

それだけで見る価値はあると思います笑。

気になる方は下記サイトから。

かぐや様は告らせたいのオススメポイント

本気の白銀にはドキドキ間違いなし!丁寧な展開が心揺さぶる!【構成力】

通常回は1話完結となることが多い本作ですが、定期的に挟む長編の構成が毎回素晴らしい!

花火編、生徒会選挙編、体育祭編、そして文化祭編…。

それぞれにひかれた伏線タイトル回収の瞬間はドキドキしてしまいます。

そして、そうした話を通してかぐやと白銀の距離も徐々に近づいていくのが分かるのがまたいいですね。

また、話が進んでいくと石上とつばめ先輩の恋愛模様や伊井野との関係性。

不幸まっしぐらながら、憎めない愛されキャラの眞妃の失恋の行方と渚との関係性。

かぐやの使用人である早坂とかぐやや白銀との関係性。

徐々に変化していく人間模様が同時進行していく様も毎回ドキドキできるポイントになっています。

天才達の頭脳戦?と揶揄されるけれど…【ストーリー】

さて、ここまで紹介してきた本作は天才達が相手に告らせようと知謀を巡らせる作品…。

と、言うと正確ではないんですよね。

当然、お互いに頭脳戦しているだけでは話なんて進まないですからね!

序盤こそ頭脳戦していますが、徐々にお互いにポンコツ化していきます笑。

でも、相手を告らせたい気持ちだけは無くさないので、意地っ張りな2人のやり取りに笑ってしまうんです。

そして、意外と深いのがお互いが告らせたい理由…。

ただお互いに自分のプライドのためかと思ったら、そうでもないのです。

子供の頃から帝王学を仕込まれ、他人を利用価値でしか計れなかったかぐやは、白銀に好かれるのか不安で…。

一般家庭から秀知院に入った白銀は、相手に求められることで初めて並び立つことができると信じて…。

…そして、ついに2人は文化祭で決着のときを迎える!

果たして、どちらが告るのか!?

楽しみに読んでみてください!

かぐや様は告らせたいの総評

アニメ化も実写化も果たしているだけあり、面白さに疑いはありません。

お金持ちの学園に通う一般家庭の子というと、「桜蘭高校ホスト部」初め珍しさはないと思います。

なのに、そこに頭脳戦の要素やギャグへの入り方が独特な本作は他にない恋愛漫画に仕上がっています!

今の時代は恋愛漫画の種類はどこまでも増えてきました。

ハーレムものは飽和して、からかい系の漫画も一大ブームになりました。

そんな恋愛漫画だらけの中でも、かなり異色な本作は気に入る方が多いはず!


紹介
スポンサーリンク
無料の漫画道

コメント

タイトルとURLをコピーしました