【群れなせ!シートン学園1話】可愛いケモ耳盛り沢山!動物だらけの学校の一匹狼!【感想ネタバレあり】

おすすめ序盤感想
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

今回はおすすめ漫画「群れなせ!シートン学園」の感想になります。

擬人化動物って可愛いですよね!

ただの人間のキャラクターと違ってそれぞれに個性とは別の習性があるので、お決まりが面白かったりするんです。

本作はそうした作品の中でも動物の習性をかなりクローズアップ!

それぞれの動物の勉強にもなっちゃう作品になっています。

そんな本作の独断の評価もさせてもらっています。

【ネタバレ】動物だらけの学園でもっとも少ないのは人間

様々な動物が通うシートン学園は、多種族間の争いもある弱肉強食な世界。

そんな中で、たった2人しかいない人間の1人、間様人(まざまじん)は動物嫌いでした。

動物嫌いには地獄のような空間ですが、そんなジンにも1人の癒やしの存在が…。

同じ人間である牝野瞳(ひのひとみ)。

…しかし、2人だけの人間とは言えども男子が女子に話しかけるハードルの高さに負けて声をかけられないのでした。

そんなジンには昼食の時間も安らぎのときとはなりません!

食堂で頼めるのは生肉や生魚、草や虫と動物基準!

しかも、同じ種族同士で群れる他の生徒たちと離れて隅っこに座るしかありません…。

そんな訳で隅っこに座るジンのすぐ側には一匹の犬のような生徒、ランカの姿が…!?

実は食事中の肉食動物に近付くのは大変危険で、獲物を横取りされると勘違いされ敵意を剥き出しにされます。

当然、ジンもランカから威嚇の洗礼を受けてしまいますが、敵意がないことを伝えるためにそっぽを向けば安心させることができました。

そう、ジンは動物嫌いですが動物の知識は人一倍持っていたのです!

そして、その知識を活かして完全に警戒を解ききらないランカに更にアプローチを試みます。

それは、餌をあげること!

これで一発でなつかせることができるのです。

ランカも当然、貰った肉を嬉しそうに食い尽くしてしまいました。

このとき、ジンはただ警戒されるのが面倒だから餌を与えたのですが、ここで大誤算が発生しました。

ランカは獲物を差し出したジンが自分の群れに入りたがっていると勘違いしたのです!

…たしかに、動物の世界ではよくボスに餌を差し出すのを見かけますが…。

狼であることを名乗ったランカも例外ではなかったようですね。

【ネタバレ】ジンとランカは運命の再開だった!?

動物嫌いなのに、突然狼から群れに入れられるというピンチに陥ったジンですが、ここは得意の動物知識で乗り越えます!

逃げたものを追う習性から物を投げられると追わずにいられないことを利用して、力一杯骨を遠くに投げることでランカを追い払うことに成功しました。

今のうちに逃げてしまえば完璧…

と、そこにやってきたのは癒やしの存在!牝野さん!

同じ人間同士ということで一緒にお昼を食べようと誘ってくれたのです!

食堂のメニューなど共通の悩みを持つ者同士、良い雰囲気で会話が弾まないはずはありません。

動物に囲まれた学園に訪れた癒やしの時間…。

しかし!そんな時間は骨を拾ってきたランカによって崩壊します。

群れに入れたはずのジンが別のメスと仲良くしているなんて、群れのボスとして許せません!

すぐに牝野さんに威嚇を開始して追い払ってしまいました…。

癒やしの時間を奪われてしまったジンもついに怒りが爆発!

群れといいつつ1人しかいないランカにそもそも、別の種族と群れを作るのは無理だと突き放してしまいます。

それでも、ランカが別の種族と群れを作りたいのには訳があったのです。

昔、クマに虐められていたランカを助けてくれた人間の男の子がいたのです。

そのことが嬉しかったランカは別の種族との群れを作ることを目指し続けていたのでした。

そう、お約束の展開ですがその男の子こそがジンだったのです!

まぁ、そのまま熊にボコボコにされ、ランカには止めてと言っても傷を舐められ続け…。

そして、ジンは動物と分かり合えないと悟ったのでした!

寮に帰り、1人昔を思い出すジンの耳に何やら声が聞こえてきます…。

なんと、寮の外でランカが熊三匹に囲まれているのです!

どうやら、また別種族を仲間にしようと可愛い女子の兎に声をかけていたのですが、ナンパな熊とブッキングした様子…。

体格もまったく敵わないランカをまったく相手にしない熊達は、更にランカの別種族と群れを作る夢すら笑うのでした。

そんなランカを見てられなかったのか熊に挑んだのはジン!

人間の武器、熊よけスプレーであっという間に熊三匹を撃退してしまいました。

ランカに駆け寄りますが、この熊達もただの熊ではありません。

なんと、水道で熊よけスプレーを洗い流してしまったのです!

これでは、頼みの武器も役にたたず最強クラスの肉食獣である熊に勝てるはずが…。

しかし!いるのです!

そんな熊から獲物を横取りするだけでなく、ときには熊自身を補食してしまう生物…。

狼という存在が!!

ジンのピンチに勇ましく立ち上がったランカは今度こそ凄まじい勢いで熊達を蹴散らし!

…なんて、できるわけもなかったでした。

そもそも、狼が熊を狩るのも群の場合に限りますからね。

まぁ、先生が駆けつけたことで熊達は逃げ出したので事なきを得ました…。

そんなことのあった翌日。

また食堂で近い席になったジンとランカ。

相変わらず群れの仲間も作れず一人ぼっちなランカについにジンが手をさしのべます!

そう、なんだかんだジンは昔のこともありランカを嫌いになることができないのでした。

ついに念願の群れの仲間を手に入れたランカは大喜び!

さっそく群れの仲間になったジンに狼流の仲間のコミュニケーションを試みます!

それは、キス!

(正確には口の周りを舐める)

激しすぎる舐め回しに抵抗すらできないジンの目に入ったのは、癒やしの存在牝野さんの姿…。

牝野さんから見たら恋人同士の激しいキスに見えたのか、せっかくジンのために作ってくれたお弁当を持ったまま立ち去ってしまうのでした。

ジンの動物に囲まれた学園生活はまだまだ平穏にはならなそう…。

【感想】ランカはとってもウザかわいくて魅力たっぷり!

いやぁ、ランカはジンの都合なんて関係なしのグイグイくるお馬鹿さんですね笑。

ジンに嫌がられても、馬鹿にされてもそれでも群れに入れてあげるあたり意外とボスの器だったり…?

まぁ、気に入れば誰でも群れに入れてキスしまくるので、色々と難があるのは確かですけど。

しかし、皆さんは狼が熊を狩ることがあるなんて知っていましたか?

確かにゴールデンカムイとか見ていると互角くらいの力はありそうですが、ランカを見てると強そうに感じないです。

…と、いうか実際に全然強くないですね。

そんなランカが今後、大活躍の日々(?)が始まります!


コメント

タイトルとURLをコピーしました