【ぼくたちは勉強ができない162話】甘い甘いバレンタインで大接近!友人の想いに文乃は…【感想ネタバレあり】

僕たちは勉強ができない
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

今回は「週刊少年ジャンプ」連載の「ぼくたちは勉強ができない」の感想になります。

センター試験前に階段から落ちそうな成幸をかばって怪我をしてしまった文乃…。

そんな文乃のために勉強に不便のないように家まで通って甲斐甲斐しく世話をしてくれる成幸に文乃の心は揺れまくります!

でも友人たちも成幸に想いを寄せていることを知っている文乃は、自分の想いのやり場に困ってしまいます…。

ただ好きな人のそばにいられる今の時間が続けばいいと願う文乃ですが、時間は卒業に向かって進み続け…。

前話の感想はこちら。

【ネタバレ】乙女の一大イベント、バレンタイン!

今日も勉強に励む文乃、理珠、うるかの3人娘は2月という時期だけに息抜きにバレンタインチョコを作る計画をたてます。

うるか編とは違い、怪我をしている文乃を気遣い3人で文乃の家に集まり作ることになりました。

バレンタインとなればうずいてしまう乙女心!

成幸にバレンタインチョコを渡して喜んでもらう妄想に突入!

…その願いが、付き合いたいというより怪我が治ってもずっと側にいて欲しいというのが文乃の気持ちを表しています…。

さて、成幸に喜んでもらいたいと張り切り家に向かう文乃は、理珠とうるかが来るから成幸に家に来ないように連絡することに。

まさか、2人の想い人が文乃の家に毎日来ているなんて知れたら修羅場になってしまう!

そこまで行かなくても、やはり2人は傷ついてしまうことを心配しているんですね。

家についた文乃を出迎える成幸。

て、既に家にいる!!

まさかの父親から合い鍵の場所を教えてもらっているのでした。

あっという間に信頼を勝ち取っている成幸に、思わず10年間距離を縮められなかった自分と比較してツッコミが炸裂!

なんとか成幸を帰そうとしますが、まさか成幸を好きな女子が集まってチョコを作るから帰って、なんて言えるわけもなく…。

なんとか家から実力行使で追い出そうとしますが、ドアの隙間から楽しそうにやってくる理珠とうるかの姿が見え…。

これは、間に合わないと悟った文乃は成幸を何とか隠す方向へとシフト!

なんとか、炬燵の中に成幸を押し込み自分が炬燵に入ることで完全に視界から成幸を消して見せました。

【ネタバレ】炬燵で縮まる2人の距離、でも友人の想いが文乃を締め付ける

炬燵に押し込んだものの、暑さにグロッキーな成幸。

しかも、怪我している文乃を気遣って理珠が炬燵で一緒に作業をすることに!

うるかは台所にいるので安心ですが、このままではこっそり成幸が脱出することはできません。

しかも、理珠が炬燵に入れば必然的に成幸の居場所がなくなるのでなんとか文乃の身体に近付いて回避します。

偶然足で成幸に触れてしまった理珠には、自分の足がダイエットの筋トレでがっしりしてきているとなんとかごまかし…。

え、ダイエット…?

文乃が、ダイエット…?

読者のほとんどが疑問を抱くところですが、理珠は気づかなかった様子。

けれど、台所で準備を終えたうるかも炬燵に来たのでいよいよ居場所のない成幸。

ほぼほぼ抱きしめるほどの超近距離で耐えるしかありません。

なんとか成幸が身体を浮かしているので未遂で済んでいますが…。

炬燵の中でようやくこれが女子会だと理解した成幸は会話を聞かないように耳を塞いでくれることに。

これでなんとか偶然成幸が理珠とうるかの想いを知ってしまう問題は回避されました。

と、ここで始まる女子トーク!

そもそも2人が誰にチョコを渡す気なのかを気にする理珠。

うるかはいつものように友達に配るチョコだとごまかしてしまいます。

まぁ、うるかが積極性出したら文乃の恋はおしまいですからね。

と、ここで文乃はちょっと本音が…。

大好きな人に渡して、思いっきり気持ちを伝えられたら素敵だと思う…。

完全に恋する乙女の表情ですね!

そんな文乃にあてられたのか、うるかは自分が何年も大好きな人にチョコが渡せていないことを告白します。

そんな状況でも、やっぱり文乃と同様に好きな人に渡したいと願っていることを…。

そして、理珠もやはり好きな人にチョコを渡したいと願っていることを告白しました。

2人の想い人を知って、この場にいる文乃にとってはいつもの胃が痛む案件ですね笑。

と、ここでうるかは更に大きな告白をします。

それは、この受験が終わったら好きな人に思いっきり告白しようと思っていること…。

それだけはずっと前から決めているのだと。

そんなうるかの言葉は、別の意味で文乃の心に重くのしかかります…。

それでも…。

それでも文乃は笑顔でうるかを応援してしまうのでした。

うるかと理珠が帰って、炬燵から脱出できた成幸に土下座で謝る文乃。

でも成幸は汗だくになりながらも、逆に女子会の邪魔してしまったことを謝ってくれます。

そして、受験勉強のラストスパートを休んだぶんしっかりやろうと怪我する文乃に寄り添ってくれるのです。

それでも、文乃はうるかの決意で改めて思い知ってしまいました。

…こうして2人一緒にいられるのはもうすぐ終わりなのだと…。

【感想】久しぶりの3人娘大集合!

なんだか理珠、文乃、うるかの3人が揃った絵を見たのが久しぶりに感じますね。

理珠編は大学生になっていたので、3人が集まることはありませんでしたから…。

なんだかうるか編で、うるかルートが確定する前の日常編を思い出しちゃいます。

やっぱりこの3人の関係性が好きなんですよね!

元気娘のうるかと天然な理珠、その2人の想いを知りながら胃を痛める文乃。

この流れで何年もやっていただけに、2つのエンディングを見てからだと感慨深いものがあります。

今までのうるか編、理珠編では明確に失恋の姿やお互いの想いに気付くことはありませんでした。

でも、今回の文乃編では必ず文乃が理珠とうるかに自分の想いを伝える場面がくるはずなんですよね!

この3人の関係性がそこを経てどう変わるのか?

そして、どこまで変わらずにいられるかも今回の編の楽しみな点だと思います!

みんなハッピーなエンドはないですが、最後にまたこの3人娘が笑顔で揃う場面が見たいですね。

【感想】文乃の恋愛スピードで受験までに終わるのか!?

うるかの思わぬ告白に押され、自分の想いがまた隠れかけている文乃…。

まぁ、自分の恋を自覚する前から2人の恋愛模様を見ていた身としてはやっぱり割り切れませんよね。

ずっと恋愛レースに参加せず、けれど成幸の側に居続けた文乃…。

まぁ、一緒にお泊まりしたりお風呂入ったりイベントはかなりこなしてますが笑。

でも、もう2月なんです!

恋を自覚するのも遅かったですが、ここから成幸が文乃を好きにならなきゃダメなんですよね?

理珠編もそうでしたが、そこの描写をどう描くのかが想像できないので、どうなっていくのかは楽しみなところです。

でも、卒業をエンディングと考えるとあと1ヶ月で、うるかと理珠に想いを伝えて成幸に好きになってもらう…。

相当なハードスケジュールな気が…。

乙女心の師匠と弟子、お姉ちゃんと弟。

様々な関係であった2人のゴールはどうなるのか?

次回もまた楽しみです!


コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました