【ケンガンオメガ64話】勝負に勝って試合に負けたガオラン、その思いを継ぐのは超人!【感想ネタバレあり】

ケンガンオメガ
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

今回は「マンガワン」連載の「ケンガンオメガ」の感想になります。

拳願会と煉獄の対抗戦、緒戦となったガオランとメデルのボクサー対決。

奥の手のカポエイラすら見切られ、弱点と見込んでいたガオランの右拳は最強の武器となっていた…。

メデルにとってはまさに絶体絶命の大ピンチ!

しかし、メデルは勝利を諦めるどころか、勝つことが決まっているような態度…。

それもそのはず!

メデルのとった戦法は煉獄ルールであるリングアウトを狙うもの。

リングアウトのない拳願会では有り得ない戦法ですが、ガオランの腕に絡まり共にリング外へと倒れるメデル…。

そして、決着のときが訪れました!

前話の感想はこちら。

【ネタバレ】まさかのガオランの敗戦が生み出すものは…

長かったガオランとメデルの戦いはメデルの勝利で幕を閉じました…。

慣れないリングアウトを誘う戦法にガオランの右手が庇い手になってしまったのです。

ボロボロの姿でタンカで担ぎ出される勝者とほぼノーダメージにも見える敗者の姿は、まず拳願会では見れないものでしょう。

衝撃の結果に拳願会側の観客席からは勝敗を不服とする文句も聞こえますが、ルールである以上はどうしようもありません。

先鋒を自らかって出た上での敗北はガオランもショックだったのでしょう…。

共に戦う対抗戦メンバーに謝るガオランですが、王馬と加納はそんなガオランを責めません。

雷庵だけはガオランを責めてますが、まぁいつも通りでしょう笑。

むしろ雷庵が励ましだしたら気持ち悪い!

…ただ、このガオランの敗北で各々危機感を高めたのは事実です。

ルールが煉獄側のものである以上、ノックアウトリングアウトは今後も拳願会の面々を苦しめる可能性は高いです。

その事実を冷静に告げるのが速水なんですよね。

…本当に目黒のクローンなのか、元との性格の違いが際立ちます…。

どこかでかつての血涙を流し出したら

怖すぎる…!

【ネタバレ】ガオランに続く2戦目に挑むのはあの超人!

ガオランの戦いは、闘技者以外にも様々な思いを抱かせました。

観客席で試合を見ていた光我はやはりショックが大きいようです…。

対抗戦メンバーを目指していたのに、目の前で繰り広げられた戦いのレベルの高さに力の差を実感してしまいました。

王馬に言われたように、今の自分の力では遠く及ばない次元…。

しかし、そんな現実を前に光我は笑って見せます。

面白い目標ができたのだから、

諦めるなんてとんでもない

と…。

VIP席で試合を見守っていた片原烈堂にとっても今回の結果は茶番にしか思えないようです。

…まぁ、実戦に身を置く殲滅部隊の隊長である烈堂にとってボコボコにされ、リングアウトを狙うメデルの姿は面白くないでしょう。

実戦では有り得ない展開ですからね。

その隣で同じく観戦していたガオランの主、ラルマー13世は余裕そうに試合を見つめていました。

もしかしたら、この敗戦でガオランがまた一回り強くなることを感じているのかもしれませんね。

さぁ、ともかく緒戦敗戦でスタートすることになってしまった拳願会が2戦目に送り出す人物は…

超人、理人!

…まぁ、また勝手に飛び出しただけなんですが…。

そして、その相手となる人物は旋風と共にリングに降り立つ忍者のような格好をした闘技者、羅亡隼!

緒戦に敗れたガオランの思いを背負って勝利を掴めるのか!?

2戦目も激闘必至!!

【感想】ガオランの敗戦の衝撃

やっぱり負けちゃいましたね…。

煉獄のルールに慣れない拳願会が不利になると思っていましたが、まさにそのとおりになってしまいました…。

終始、圧倒的にリードしていただけにもったいない結果になってしまいました。

まぁ、拳願会にないルールなうえにボクシングでも経験しない戦法だから仕方ないのかもしれません。

…むしろ、ボクサーなのにこの戦法をとれるメデルを褒めるべきか、ボクサーの誇りはないのかと責めるべきか…。

…ちなみに、ガオランが庇い手で右手を地面に先に着いてますが、これってメデルの頭部を庇っているんですかね?

ボロボロで受け身の取れないメデルに対してとっさに手を出したとか…。

もしそうだとしたら、ちょっと熱いなぁと思っちゃいますね!

関係ないですが、相撲で庇い手をした場合でも相手が死に体であれば勝利となります。

怪我の危険性を考慮したルールなんですが、煉獄ではそんなことはなさそうですね。

どこかでこの庇い手のことをメデルとガオランが語ってくれないかなぁ…。

ケンガンアシュラみたいに試合後に仲良くなる展開希望です。

【感想】理人が2戦目で大丈夫?

2戦目の戦いは理人vs隼に決まりました。

さてさて、理人のイメージがどうしてもケンガンアシュラのままなせいで負け犬感があるんですよね…。

まぁ、茂吉に勝っている以上かつての理人とは別人なのは確かですが…。

まぁ、ここまで不安になるのはやっぱりケンガンアシュラでの戦績ですよね!

王馬の初めての拳願試合の相手として登場して敗れ…。

絶命トーナメントに参加したのに、トイレで雷庵に絡まれてボコボコにされ…。

肝心のトーナメントは初戦で黒木に敗れ去る。

…改めて書いてみると見事なまでの噛ませ犬っぷりを発揮していますね!

メインキャラで実質3敗してるのって理人くらいでしょう?

…個人的には理人とほぼ同等の2敗をしている大久保も勝つイメージが湧きにくいんですよね。

そんな2人が今後、どんな戦いを見せてくれるのか?

ちなみに予想としては、理人は勝つと思ってます。

ここまでボロクソに言っていてなんですが、黒木との修行の成果を出してくれるのではと期待してます!

…相手も見るからにただ者ではありませんが、なんとか拳願会に初勝利をもたらして欲しい!

頑張れ!理人!


コメント

  1. 猫好き より:

    次も期待してます

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました