食べないダイエットは痩せるのか、ファスニングのポイントは食事にある

ダイエット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、みずきちです。

一昔前には絶食によるダイエットは筋肉を落としたり、太りやすい体質になってしまうと避けられることが多いものでした。

しかし、最近はファスニングという一定期間、固形食を食べないダイエットが話題になりました。

今回はそのファスニングによる絶食ダイエットにもっとも大切な事前の準備と終わった後の注意点を解説していきます。

こんな人におすすめ

・これからファスニングを始めたい人

・絶食ダイエットに失敗した人

・ダイエットのために食生活を直したい人

ただ何も食べないと失敗しやすいファスニング、実は絶食の前と後に何を食べるかを間違えてしまうと欲しかった効果は得られません。

そして、そんなファスニングで得られる「胃腸の回復」「デトックス」そして1番気になるダイエットの効果についても解説していきます。

ぜひ、最後まで確認をしてからファスニングにチャレンジしてみてください。

ファスニングの前と後の食事は食べ過ぎないことが大前提

ファスニングを始めようと思っても、いきなり絶食を初めてはいけません。

なぜなら、普通の食事から急な絶食を始めると急激な血糖値の低下が起こりやすくなります。

もし血糖値が低下すると何かを食べたい気持ちが起きやすくなったり、集中力の低下などを招きファスニングを続けにくくなります。

そもそも血糖値が急激に下がると身体はエネルギーを脂肪として身体に蓄え始めるのです。

つまりファスニングは太ってしまう結果に終わるでしょう。

今度はファスニングが終わった際の話ですが、糖質が不足しているので血糖値はやはり下がっています。

そこで急に普通の食事をすると血糖値は急激に上がってしまうのですが、これも良くない結果になってしまいます。

急激に血糖値が上がると身体はその血糖値を下げようと余ったエネルギーをやっぱり脂肪として蓄えるのです。

やっぱり太る結果に終わってしまうでしょう。

では、ファスニングの事前の食事に何を食べるのか、ファスニングの後に何を食べるかみていきましょう。

ファスニングの開始前には血糖値の上昇しにくい食事を心がける

まずファスニングをする前には糖質の高い甘いお菓子や脂肪分が多いものは厳禁です。

簡単なイメージとしては和食を中心にするといいでしょう。

豆類や野菜類、海藻類やキノコ類などがよく、白米も食べ過ぎなければ問題はありません。

まさに一般的な和食を心がけるのがいいです。

期間としてはファスニングを実際に始める3日前くらいからやっておくと血糖値の心配はないでしょう。

この準備期間の食事をしっかりとしていると、そもそもファスニングによる絶食でも我慢がききやすいので成功の手助けにもなります。

ファスニングの後の食事は流動食から徐々に慣らしてダイエット食へ

ファスニングが終わってすぐは、胃腸が休んでいる状態なので急な食事は胃腸に大きな負担をかけます。

まずは、米と水を1:10で作ったお粥から慣らし始めるようにしましょう。

その次の日は通常のお粥による食事をして、味噌汁など固形食を避けておくのがいいです。

そこから通常の食事に戻していくのですが、ダイエットが目的ならそのままダイエットを意識した食事に移行するといいです。

ファスニング後には食生活を直しやすい時期ですから、そのままダイエットを継続するとダイエット効果はどんどんと上がっていくでしょう。

最も簡単にできるダイエット食、置き換えダイエットの方法については下記の記事を参考にしてください。

置き換えダイエットで簡単ダイエットを始めよう

そもそもファスニングをするメリットは何があるのか

次にファスニングをすることでどんな効果があるかも見ていきましょう。

絶食をすることでダイエット効果を期待する人が多いですが、そもそも数日の絶食では体重は大きく減りません。

ただ、間接的にダイエットを助ける効果はたくさんあるのでダイエットをする際にはファスニングはおすすめです。

食事の制限で胃腸が回復する

絶食をすることで普段働き続けている胃腸を休ませることができます。

普段は食事によって常に消化や吸収をし続けているのですから休ませることで得られる効果は様々にあります。

まずは、食事の流れが止まるので腸内環境が改善していきます。

これが便秘解消などの効果も生みますし、少ない食事からしっかりと栄養の摂取ができるようになります。

暴飲暴食をしている人は特に胃腸が弱っていることが多いので、このファスニングを通してしっかり胃腸を回復させてあげましょう。

老廃物の排出を促すデトックス効果

食事からの栄養補給がほとんどなくなると生きるのに必要な栄養素を身体の中から得ようとします。

つまり身体に溜まっている老廃物の排出が進み、身体のむくみなどの解消ができます。

それ以外にも、余分な栄養がなくなければにきびや肌荒れの原因も取り除かれます。

ダイエットももちろん大切ですが、見た目の改善を進めるならこうした効果は嬉しいのでないでしょうか。

短期間で身体のリセットをして、今までの食生活で乱れた身体を回復させてあげましょう。

そもそもファスニングのときには何も食べない訳ではない

ファスニング中にはそもそも何も食べない訳ではありません。

固形物を食べないだけなので、水の摂取はしっかりと行うようにしましょう。

この水分は短期間なら水でもいいでしょうが、数日間ファスニングをするのであれば栄養素が不足してしまいます。

そうなると身体の不調を招いてしまうので、まったく食べないというのは初心者にはお勧めしません。

では、固形物以外で食べられるものとは何があるのでしょうか。

最もおすすめなのは酵素水です。

筋肉の維持に必要なタンパク質の補給ができますし、糖質も含まれているのでファスニング中に起こりやすい低血糖を避けられます。

同じ理由でプロテインもファスニングに向いています。

もっと安価に行う場合はヨーグルトや糖質を補給できる甘酒なんかも効果的です。

味の好みもあると思いますが、自分に向いている食品を使ってダイエットの前にまずはファスニングを取り入れてみてみましょう。

ランキングサイト登録中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ダイエット
スポンサーリンク
経験値の海原

コメント

タイトルとURLをコピーしました